ゴールドカードの審査通過、早わかりのポイント

クレジットカードを作成するときには、必ず審査を受ける必要があります。その理由は発行するカード会社はきちんと返済をしてくれる人でなければ困るからです。以下ではカードの審査基準となるポイントを早わかりで説明します。カード発行を申し込む際には、年収や家族構成、雇用形態など事細かく記入しなければなりません。

これらの情報は金融機関で共有されているので、過去に債務不履行に陥ったことがあった場合には通過が難しくなります。一般的なクレジットカードの申し込みでも、審査があるのでゴールドカードともなれば更に厳しいことが早わかりいただけると思います。ゴールドカードは年会費や入会金を支払うことが一般的です。

普通のカードと何が違うかというと、利用限度額が増えることがまず第一に挙げられます。わざわざお金を払ってカードを発行するので、信用度が高い限られた人のみ所有することができるのです。会費の金額は発行会社や種類によって異なりますが、最小でも5000円程度からの支払いとなります。

仕事で課外出張が多いビジネスマンや、商談の多い個人事業主など毎月の支払額が大きい人に利用される傾向が高いです。ポイント還元率も通常のカードより効率的なことが多いので、月々の支払と会費を照らし合わせて計算すればお得かどうかわかるので、シミュレーションをおすすめします。

 

ゴールドカードのポイント

クレジットカードの中でも、ゴールドカードは以前は「その人のかなりのステータス」となるようなアイテムでした。ですが、今ではゴールドカードの審査も非常に甘くなってきており、その存在意義が薄れつつある事実もあります。 さて、そんなゴールドカードなのですが、実際に持つのであれば、年会費などの元はとれるのか?が気になると思います。

答えは「とれる」といったところでしょうか。使い方次第では、元どころから、かなりお得になる場合があるので 少し、この辺りについてお話をしていきたと思います。「使い方次第」というのは、非常に単純な話で、そのゴールドカードを頻繁に利用するのか?ということです。

言い方を変えると、ポイントを集めるのに有利な状況か?ということです。今では、公共料金はもちろんのこと、賃貸アパートだった場合、家賃までもクレジット決済がすることができます。必要経費を全て、ゴールドカードで決済しながら、日用雑貨なども極力カード決済をしていくと、最終的には かなりのポイントが貯まるはずです。

このように非常に話は単純で「クレジットカードを使いまくって決済する」という意識があれば、下手をするとポイント還元率が かなりものになる可能性があります。2倍どころの騒ぎではないということもあり得ます。ともあれ、ゴールドカードにした場合、年会費が気になるところではありますが、見方を変えると、圧倒的にゴールドカードが お得になる可能性があります。

もし、抵抗がなければ、ゴールドカードの審査が甘い、今の時代に所持するとよいかもしれません。

 

 

クレジットカードに申込すると審査が実施される

クレジットカードにオンライン入会の申込を行うと審査が実施されます。ショッピング枠の範囲でショッピングにご利用できますが、カード会社側がご利用者の信用を元にいったん立て替えてお支払していますので審査は重要です。

どなたでも審査に合格するのではなく、信用力や支払い能力の低い方は審査に落とされてしまうことがあります。審査に落ちてしまうとまた別のクレジットカードに申込しないといけないので極力落ちたくないところです。審査では信用情報機関が収集している個人の信用情報に照会を行っています。

このときローンの返済を3か月以上滞納していたり、個人再生や自己破産などの債務整理を行っていたり、1か月に3社以上の申込を行っていると審査に落ちやすくなります。これらの情報は一定期間が過ぎると削除されますので信用回復してからお申込みした方が良いです。情報開示の請求を行うと自分の信用情報に何が登録されているのか知ることが可能です。きちんと削除されたのを確認してから申込することができます。

NISAで注目のネット証券

2014年からその利用が始まっているNISAですが、いろいろな金融機関がテレビをはじめとしたマスメディアに広告を流しているので聞いた事はあるという人は少なくないでしょう。実際あれだけの広告を流した効果でNISA口座は年初からかなり増えています。NISA の何が魅力かといえば何と言っても税金がかかってこないという点です。

通常、投資信託や上場株式を売買して儲かった時の利益や分配金、配当金に関しては税金がかかってくるものです。それがいくら儲かっても税金を支払う必要がないとなればこんなおいしい話はありません。給与明細などでいくら税金を差し引かれているか見たことがある人なら税金を払わずに済む恩恵の大きさをよく理解できるでしょう。

NISA はあらかじめ期間が設定されているのであくまで時限的な免税措置と言う事ができます。つまり早く始めておいたほうが得なのです。もしまだNISA口座を開設していないのであれば、年が変わらないうちに始めておかないとチャンスを逃すことになります。そこで注目なのがネット証券です。ネット証券は対面型の証券会社よりも売買手数料が安くなってるのが一般的です。取引コストが安くなればその分儲けが増えます。口座開設する金融機関を選ぶ際はネット証券の手数料に注目して決めるのがオススメです。

 

マネックス債、一般的な社債のデメリットを帳消し

○○債って、たまに聞きますよね。テレビやインターネットとかで聞きますし、 経済や金融に携わる方ならもっと頻繁に耳にする言葉でしょう。体を動かさずに、うまくやれば小金を稼げて、もっとうまくやればかなり儲けが出るという話を聞いたので、 少し“社債”について調べてみたのです。

すると確かに上記のようなメリットはあったのですが、 一般的に言われているデメリットも見つかりました。社債発行元の経営的リスク、途中解約した場合の元本割れ、 この2つです。デメリットは怖いし、やっぱりやめとこうかな…と思っていたところ。このデメリットを考えなくていい社債を見つけました。マネックス債というんですって。

一つ目のリスクについては、 このマネックス債の発行元は東証第一部上場企業であり、サブプライムローン問題やリーマン・ショックの際はさすがに赤字でしたが後は黒字経営と、かなり経営がしっかりした会社です。しかも満期は3カ月~1年なので、その3カ月~1年内にこの会社が倒産すれば 私たちは損をするわけですが、上記のように、そんなにすぐに倒産するとは到底思えません。

二つ目のリスクについては、途中解約すると保有している債券を市場で売却することになってしまう、ということ。でも、途中で解約しなければいいのです。つまり、当分使う予定のないお金を債券購入にあてていれば、そんな恐れはありません。

また、投資は1万円からなので、比較的少額で投資をしていれば、急にお金が必要になって解約…なんて ことにならずにすみますよね。というわけで、一般的な社債のデメリットを、きれいに帳消ししているのがこの”マネックス債”ということになります。今大人気で、すぐに売り切れてしまうという話なので なるほど、納得ですねぇ。

 

海の幸と山の幸